日本語教師を養成する学校

現在では日本語教師になるために、必ず必要とされる免許や資格などというものはありません。

日本語教師の養成の正しい情報を手に入れましょう。

小中高校の先生のように、学校で教鞭をとるための教員免許というものはありません。


ですので、どんな人にでも、門戸は開かれているといえます。



しかし、日本語を教えるための、ある程度のスキルは必要不可欠となります。

近道としては大学や短大専門学校なので、日本語教育の科目を履修することです。

日本語教師養成カリキュラムを学び、日本語についての正しい知識を確実なものにしましょう。そして日本語教授法の技能を、しっかり身に着ける必要があります。


また民間のスクールでも、日本語教師を養成している、さまざまな学校があります。

どこで日本語を教えるかというのは、一つのポイントとなります。
個人で教える場合では、免許や資格は必要ないですが、公教育機関で教える場合には基本的に教員免許が必要です。



学習者がもっとも多いといわれるのは、民間の日本語学校といわれています。

「日本語教育能力検定試験合格」もしくは「日本語教師養成講座420時間修了」などが、採用の条件として、掲げられているところが多いようです。

日本語教師に向いている人は、とにかく日本語および言語そのものが大好きで、興味があること、また外国人と自然にコミュニケーションがとれ、柔軟さと臨機応変さをもっている人です。
また、自分自身も常に向上心をもち、いかに分かりやすく教えられるか考えてあげられる人が適職といえるでしょう。