日本語教師養成においてかかる費用と時間について - 日本語教師養成講座について

日本語教師養成においてかかる費用と時間について

日本語教師という職業は実は特別な資格の要らない仕事です。

海外に行って日本語教師を名乗れば誰でもなることができます。


しかし人様に教える以上、何か勉強しておきたいと考える人は多いのではないでしょうか。

日本語教師養成講座と言うと、一般的なもので420時間カリキュラムというものがあります。


これは文部科学省が推薦しているもので費用にして約60万、時間にして1年という長い期間を要します。

ここで注意すべきなのは、60万円とは別に交通費、飲食代等々がかかってくるということです。通学講座を考えている方は、学費の支払い方法と、関連した費用を支払えるかどうかをシミュレートしておく必要があります。
毎月の家計に余裕を持たせる為には、あえて無理のない分割払いにするのも有効です。また4年制の大学で学ぶという手もあります。

日本語教師の養成のお役立ちコンテンツ満載です。

大学を出るということは国際的に人を養成する資格のある者と認知されることにもなります。


ただこれには安く見積もって240万円ほどかかります。



専門家による養成者の養成なので多少のコストは覚悟しなければなりません。もっと手ごろな価格で学びたいという人は日本語教育能力検定試験を見据えた講座に参加するという方法があります。
この検定試験は筆記試験のみで、レポートなどの提出課題もなくただひたすら試験にむけて勉強するというものです。



期間は1ヶ月から3ヶ月、費用は約12万円とリーズナブルです。

しかも民間資格の中では難易度が高く、これに合格できれば日本語教師と言えるだけのレベルと証明できます。